生理前の湿疹や頭皮のかゆみの対処法は?

僕が働いている美容院で、ヘッドスパに関するアンケートを頂きました。その中で、「頭皮が弱く、生理前など、赤みや湿疹が出ます。」といった悩みを教えていただきました。化粧品の口コミなどを見ていると、生理前後の肌トラブルに関しての書き込みも多く見受けられます。

そこで、生理前の頭皮トラブルには、どのような対処をしていけばいいかを考えてみましたので、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

生理前に頭皮がかゆくなる原因

先ほどのアンケートの結果や口コミなどから、生理前後に頭皮の調子が悪くなるという人は多いです。頭皮に限らず、顔や体も肌荒れしたりニキビができたりと、生理前後にはお肌の調子が大きく変わります。

生理になって、肌の調子が悪くなったり、湿疹やかゆみが発生するのは、女性ホルモンのバランスの乱れによるものです。

引用:小林製薬株式会社|命の母ホワイト

女性ホルモンの変化に関しては、上記のサイトを見てもらえれば分かると思います。また、「生理前、湿疹」などで検索すると詳しく説明しているサイトが多くあるので、詳細を知りたい人は、検索してください。

生理前に頭皮に湿疹やかゆみがでるのは、生理前にプロゲステロンという「黄体ホルモン」が増加するためです。黄体ホルモンが増加すると、体温が上がります。そして、体温が上がることで、皮脂の分泌が多くなります。

こちらの記事 頭皮の乾燥はシャンプーが原因!? にも書いていますが、皮脂は酸化すると「過酸化脂質」という肌に対しての刺激性や毒性の高いものになってしまいますので、頭皮に赤みや湿疹、そして、かゆみなどが出てしまうのです。

 

生理前の頭皮の湿疹やかゆみを改善するには?

頭皮の湿疹やかゆみの大きな原因は、酸化した皮脂です。「皮脂の分泌を抑えること」と「皮脂を燃焼させること」が出来ると、かゆみが抑えられます。

 

保湿が重要

皮脂は、肌が乾燥すればするほど、乾燥を防ごうとして、分泌が増えるので、頭皮に限らず、肌の保湿がとても重要になります。また、一度酸化した皮脂は、しっかり取り除きたいので、適度な洗浄力が重要です。

洗浄後に乾燥し過ぎないように、強すぎない洗浄力なもので、そして、酸化皮脂を取り除けるくらいの、洗浄力が弱すぎない、適度な洗浄力がとても重要になります。

また、最近では、頭皮の化粧水や、保湿やかゆみ防止になる地肌からつけられるヘアトリートメントも販売されています。普段から頭皮の保湿を行わない人がほとんどだと思いますので、大変効果的です。ぜひ使ってみてください。薄毛にも効果的ですよ。

頭皮の化粧水:AXI ミストD

地肌からつけられるヘアトリートメント
AXI 薬用トリートメントMS

引用:クオレ株式会社,AXIブランドサイト

 

pHも重要

頭皮に限らず肌は、弱酸性に保たれています。健康的な肌の人には、弱酸性に保つために機能が備わっています。ただし、肌が弱い人や肌トラブルを起こしている人の肌は、pHが中性に変わってきます。

pHが中性になってきてしまうと、肌のバリア機能が低下というか、破壊されてきているので、石鹸などのアルカリ性の化粧品は、とても肌の負担になってしまいます。

健康的な肌でも、アルカリ性の石鹸を使うと数時間経っても、肌はアルカリ性のままだそうです。その間は、バリア機能が低下しているので、病原性の菌や刺激物が皮膚に侵入しやすくなります。

肌が弱い人や肌トラブルを起こしている人は、弱酸性のシャンプーや洗顔料を使うようにしましょう。そうすることで、肌のバリア機能を高め、外部からの刺激から肌を守りやすくしましょう。

 

皮脂を燃焼させる

年齢を重ねてくると、基礎代謝が下がってきます。「オジサン臭」は酸化皮脂の臭いなのです。よく加齢臭という表現もされますが、加齢臭は、70歳以上にならないと、そんなに目立ってはきません。

 

岩盤浴やサウナなど

この酸化皮脂の臭いを取り除くには、「皮脂を燃焼させる」必要があります。運動が面倒くさいならば、岩盤浴やサウナなどはいかがでしょうか?

岩盤浴やゲルマニウム温浴であれば、時間をかけて皮脂を燃焼させることが出来ますので、身体の負担も抑えられ効果的だと思います。

また、家のお風呂に追い炊き機能などがついているのであれば、45℃くらいの熱いお湯に、手と足だけ15分くらいつかるという方法も効果的です。3日間くらい続けると、オジサン臭が目立ってきた男性でも、臭いが無くなるくらい、酸化皮脂を取り除いてくれますよ。

 

運動

基礎代謝を上げるというのであれば、やはり運動は効果的です。適度な運動をすると、肌だけではなく、身体の調子も整うので、酸化皮脂を除去するという点だけではなくて、美肌に効果的だと思います。そして、運動は、精神的なケアにもなります。精神と身体の相乗効果で、頭皮の湿疹やかゆみにアプローチできると思います。

ただし、日中の外での運動は、紫外線の影響がありますので、紫外線対策は万全にしていきましょう。紫外線は、酸化皮脂と同じくらい、肌へのダメージになりますので、体調は整ったけれど、シミ、そばかすなどが増えたということのになってしまいます。

また、運動後にシャワーを浴びましょう。運動で汗をかきます。汗をそのままにしておくと、肌への刺激になってしまいますので、きれいに洗い流して、しっかりと保湿ケアをしましょう。

 

食事を考える

「女性ホルモン 生理前 食事」などで検索してもらえれば、詳しいことはわかると思います。ただ、生理前などは、暴飲暴食に走りやすいですよね。気分的に抑えられそうならば、皮脂が分泌しにくいように考えて食事を撮ると、肌荒れも緩和できるかもしれません。サプリメントなどを使うのも効果的でしょう。

 

まとめ

基本的には、頭皮がデリケートな人と同じような対処法でいいと思います。スキンケアの基本は、「洗浄」と「保湿」です。シャンプーや洗顔料を自分に合った、適度な洗浄力なものにしましょう。頭皮を保湿するものと組み合わせて、出来るだけかゆみの出ないものが、自分に合ったシャンプーや洗顔料の基準にしてもらえばいいと思います。

また、頭皮の化粧水や保湿やかゆみを抑える地肌からつけられるヘアトリートメントは必ず使ってください。お顔などでも洗いっぱなしだと、カサカサしたり、肌荒れしたりしませんか? 頭皮もしっかり保湿するようにしてくださいね。

また、多くの人は運動不足ですよね。体が健康でないと、肌も健康になれません。少しずつでもいいので、楽しく運動しましょうね。だって、肌がきれいになれて、精神的にも身体的にも健康になれるんだったら、楽しくありませんか?









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

和田 洋幸

『クセ毛や髪のダメージの悩み』を解決する美容室homey roomy(ホーミールーミー)で活動しています。美容の毛髪化学の「LSマスターコース」「LSドクターコース」の修学認定を頂いていて、ヘアケアに関しての記事を書いています。 髪の悩みや疑問がありましたら、遠慮なく聞いて下さいね。