自分に合ったシャンプーやトリートメントの選び方

スポンサーリンク

美容師はどんなシャンプーを使っているのか?

僕が働いている美容室で一番多くの質問を頂くのが、「どんなシャンプーを使ったらいいですか?」という質問です。聞きやすい質問だということもありますが、髪や頭皮の悩みを何とかできないか、という願いが込められているのではないかと感じます。

僕の美容室に入社してきた美容師に一番初めにしてもらうのは、お店のシャンプーを使ってもらうことから始めます。一般の方からすると、美容師はいろんなことを勉強している様に思っていると感じますが、実はそうでもありません。若い美容師などは、髪を明るくしたり、いろんなヘアスタイルには興味は持っていますが、市販のシャンプーを使っていたりと自分の働いている美容室の商品のことを知らないことも多いのです。

シャンプーは使ってみないとわからない

そんな若いスタッフにお店で使っているシャンプーを使ってもらった感想を聞くと「あまり違いがわからない」「今まで使っていたシャンプーのほうが良い」という答えが返ってくることも少なくありません。それでも、いろんな種類のシャンプーを使ってもらいながら、どんなところが良くて、どんなところが悪いのか、などとディスカッションを重ねていきます。

そして、数か月シャンプーを使ってもらったところで、元の今まで使っていた市販のシャンプーを使ってもらいます。そうすると、「髪がバサバサ」「頭皮がかゆい」などという感想をもらうようになります。数か月使い続けることで髪や頭皮の状態が変わり、今まで使っていたシャンプーがどれだけ髪に負担をかけていたのか、ということに感覚的に気づいていきます。

また、対話を通して、自分の髪や頭皮に必要なシャンプーやトリートメントを選ぶことが出来るようになり、髪のコンディションが良くなっていきます。このように美容師でさえシャンプーを選ぶのは難しいので、一般のお客様が自分に合ったシャンプーやトリートメントを選ぶためには、いろんな商品をしっかり使ってみることが必要です。

 

髪や頭皮の悩みによってシャンプーを選ぶ

いろんな商品を使ってみると言っても、世の中にシャンプーだけでも数千種類あるそうです。そんな中から1つ1つしっかり使って試していてはキリがありませんよね? 僕がスタッフとシャンプーを選ぶ際に大切にしていることは、対話です。一般の方からすると担当の美容師さんとしっかり対話することで、自分に合ったシャンプーを見つけられると思います。

はじめはシャンプーのことを知ることが大切なので、いいものに巡り合ってもしばらくは自分の悩みを解決してくれそうなシャンプーの中の数種類を使ってみてください。そうすることで自分にどんな悩みや願望があるのかが明確になってくるので、ヘアスタイルを決める際にも役立つと思いますよ。

髪の痛み

髪が痛んでいるときは、ダメージケア用のシャンプーを使いましょう!髪=繊維です。デリケートな洗濯物は、エマールのようなおしゃれ着用の洗剤で洗うように、髪がデリケートな時はデリケートな髪用のシャンプーを使わないと髪が縮んでしまいます。

髪が縮んでしまった後で、どんなに高価なトリートメントをしても効果はありません。縮んでしまったおしゃれ着にどんなにいい柔軟剤を使っても元の風合いの洋服にはなりませんよね?それと同じで髪が痛んでいるときには、ダメージケア用のシャンプーを使いましょう!

僕のオススメは、グレイスプリエシャンプーです。

img_goods5

品名:グレイスプリエシャンプー
販売:リトルサイエンティスト
容量:250ml
価格:3,067円(税込)
(美容室でしか手に入りません)

このシャンプーとトリートメントを使うと、かなり傷んだ髪でもまとまりのある髪に変わっていくでしょう。また、酸性石鹸系の界面活性剤が入っているので、意外と皮脂汚れもしっかりと落とすことができ、さらに、液晶乳化セラミドやケラチンが入っていることで痛んだ髪でも使い続けているとしっかりとした髪に変わっていきます。うちのスタッフも絶賛のシャンプーです!

 

クセ毛を抑える

美容室でいろんな髪質のお客様にシャンプーをおすすめしますが、クセ毛が気になる方たちは、共通のシャンプーを評価されることが多いです。ということは、クセ毛の収まりが良くなるシャンプーというものが存在するということです。

クセ毛の悩みは、ボリュームが出たり、髪のまとまりが悪かったり、せっかくブローしてもしばらくするとクセが出てしまうことなどにあると思います。そういった悩みを解決するシャンプーを選ぶには、まわりの水分が髪に影響しづらくなるようなシャンプーを選ぶ必要があります。

いま流行りのオイルシャンプーなども水分の影響を受けづらくさせると思いますが、僕の美容室でクセ毛のお客様からの評価が高かったシャンプーをおすすめします。

パルガヘアソープ ハードです。

imgp1781a

販売:株式会社レラコスメチック
容量:250ml
価格:3,240円(税込)

このシャンプーは、老舗のメーカーがこだわってきた上質なアミノ酸洗浄成分が特徴です。デシルグルコシドという成分が髪をフィルム状に包むようにして髪のまとまりを良くしていきます。使い続けて重すぎる質感やベタつきを感じるようでしたら、パルガヘアソープのソフトと併用しながら使っていくとクセ毛を抑えながら質感をコントロールできると思います。

 

頭皮のかゆみ

ヘアケア商品を販売している花王やライオンの調査では、70%以上もの人が頭皮に紅斑があるという調査報告があるくらい多くの人に頭皮の炎症があります。自覚症状がない方もいるとは思いますが、年齢とともに炎症は悪化し、かゆみが出てくる予備軍の方も多くいらっしゃるでしょう。

僕の頭皮はとてもデリケートなので、ほとんどのシャンプーで頭皮がかゆくなったり、フケが出てしまいます。そんな方には、洗浄力はそこそこありながらも保湿力の高いシャンプーが必要になります。頭皮にかゆみがあり、炎症を起こしている方は、正常な頭皮状態の人よりも皮脂の分泌が多くなっています。皮脂は過酸化脂質へと変わり、頭皮の炎症を悪化させてしまいますので、余分な皮脂はしっかり落とさないと頭皮はかゆくなってしまいます。

ただし、洗浄力が強すぎてしまうと刺激があるだけではなく、頭皮が乾燥して、さらに皮脂が分泌されてしまいますので、頭皮の保湿力が高いシャンプーが重要になってきます。どうしてもそのようなシャンプーが用意できないのであれば、ホホバオイルで頭皮マッサージしてからシャンプーをすると過酸化脂質を落としながら、保湿もされるのでお勧めですよ!

僕の美容室で、頭皮がデリケートでかゆみやフケの出る方の頭皮の状態が改善したり、評判が良かったシャンプーをおすすめします。

パルガヘアソープのソフトです。

imgp1775

販売:株式会社レラコスメチック
容量:250ml
価格:3,240円(税込)

このシャンプーは、老舗のメーカーがこだわってきた上質なアミノ酸洗浄成分が特徴です。髪の中の成分として大部分を占める上質なグルタミン酸を使用したシャンプーです。髪と頭皮の潤いを保ちながら洗い上げ、パーマやヘアカラーで傷んだ髪から流出した毛髪内のアミノ酸を理想的に補給できるのが、このシャンプーの特徴です。また、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合されて、頭皮の炎症も抑えてくれるので、荒れた頭皮の方やかゆみのある方にもオススメです。

 

まとめ

これらのオススメのシャンプーを使ってみると、髪の状態や頭皮の状態は変わっていくと思います。ただし、はじめに言ったように、ある程度の期間使い続けて見てください。半年くらいこのおすすめのシャンプーを使ってみてから、今までに使っていたシャンプーを使ってみるとシャンプーによってこんなに違うのか!?と実感できるのではないかと思います。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

和田 洋幸

『クセ毛や髪のダメージの悩み』を解決する美容室homey roomy(ホーミールーミー)で活動しています。美容の毛髪化学の「LSマスターコース」「LSドクターコース」の修学認定を頂いていて、ヘアケアに関しての記事を書いています。 髪の悩みや疑問がありましたら、遠慮なく聞いて下さいね。