縮毛矯正とパーマを同時にすることは出来る!?

「クセ毛は気になるけど毛先を遊ばせたいから、

縮毛矯正を行った後でパーマをかけたい!」

と考える人もいるのではないでしょうか。

 

・これはそもそも同時にできるの?

・出来るとしたら、

どんなところを気を付けたらいい?

 

こんな疑問への答えをお話していきますね。

 

スポンサーリンク

縮毛矯正とパーマ、両方を行うことのメリットは?

 

縮毛矯正だけじゃなく、パーマをかけることに、

「えっ?縮毛矯正ってクセ毛ををストレートヘアにするんでしょう?

それなのに、どうしてパーマをかけるの?」

と思う方もいるでしょう。

 

でも、縮毛矯正をかけるとクセ毛は真っすぐにはなりますが、

クセ毛の方は、真っすぐにしたい人だけじゃありません。

 

クセ毛をまとまる髪にしたいだけの人もいるので、

毛先には動きのあるスタイルを希望される方もいるのです。

 

また、緩やかなウェーブヘアにパーマをかけたいけど、

縮毛矯正をかけないとパーマが強く出過ぎてしまうこともあります。

 

そのため、縮毛矯正とパーマを両方かけることには、

大きな意味があります。

 

縮毛矯正とパーマは、同時に施術はできるの!?

 

結論から言うと、

縮毛矯正とパーマは、同時に行うことも出来る場合もあります。

 

関連記事にも書かせてもらったのですが、

髪は、いろいろな施術でダメージが蓄積されると

最終的に、チリチリのビビり毛と言われる

「失敗した!」という状態になります(>_<)

 

そのため、そこまでダメージが蓄積していない髪であれば、

縮毛矯正とパーマの同時施術が出来ることになります。

 

また、縮毛矯正は、パーマの途中で、

アイロンで施術することが多いのですが、

そのせいで髪のタンパク質が熱変性を起こしてしまいます。

 

その状態の髪に通常のパーマ液を使うと

髪はうまく形状を保てないことがあります。

 

そのため、熱変性した髪にもきれいな形状で

パーマがかかる薬剤を使う必要があります。

 

このようなパーマ液は、ダメージが少ないことが多いので、

縮毛矯正と同時にパーマをかけるのに向いていると思います。

 

また、縮毛矯正をかける際の薬剤選定も重要です。

同時にかける際には、パーマのダメージと

これから1,2年の間に起こる髪の傷みも

予測しながら、クセ毛がまとまるけれども

髪の負担が最小限になるような薬剤選定が必要です。

 

ということは、出来なくはないけど

かなりリスキーな施術です(^_^;)

 

縮毛矯正とパーマは同時に施術できるが、傷みは避けられない…

 

縮毛矯正とパーマを同時施術することについてご説明してきました。

縮毛矯正は、新しく生えてきたクセ毛の部分だけに施術することで

きれいなストレートヘアを保つことができます。

 

逆にパーマは、髪の傷みが出やすい毛先にかけることになってしまいます。

そして、数か月してパーマが落ちて再度かける部分も

前回パーマをかけた毛先の部分になってしまいます。

 

ショートヘアのスタイルのように、

傷んだ部分をカットできれば、

パーマをかけ続けることは出来ますが、

ロングヘアに定期的にパーマをかけ続けると、

いつかは、まとまりの悪い傷んだ髪になってしまいます。

 

そのため、縮毛矯正とパーマの同時施術は、

そのヘアスタイルをずっと維持し続けるというよりは、

髪の状態が良いとき限定で、

どうしてもパーマをかけたい1回だけにするほうが

無難だと思います。

 

僕が働いている美容室は、

「クセ毛や髪のダメージの悩み」を解決することを

コンセプトにしていますが、

やはり、縮毛矯正とパーマの同時施術は、

あまりオススメしていません。

 

たまにウェーブヘアにしたいのであれば、

アイロンで巻き髪にするほうが、

髪の負担は少ないと思いますよ(*^_^*)

 

縮毛矯正とパーマの同時施術を希望の方は、

まずは、その日に施術を考えるのではなく

美容師さんとしっかり相談して、

一度しっかり考えてから、

別な日に施術するくらい

慎重なほうが、失敗しないと思いますよ!

 

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

和田 洋幸

『クセ毛や髪のダメージの悩み』を解決する美容室homey roomy(ホーミールーミー)で活動しています。美容の毛髪化学の「LSマスターコース」「LSドクターコース」の修学認定を頂いていて、ヘアケアに関しての記事を書いています。 髪の悩みや疑問がありましたら、遠慮なく聞いて下さいね。